SMA、アタカマ砂漠の大規模プロジェクトを受注

SMA receives order for large-scale project in the Atacama Desert

2021年2月3日、ニーステタール / サンティアゴ・デ・チレ発 – SMAは、チリのアタカマ砂漠にある220メガワットのDiego de Almagro Sur太陽光発電プラント向けに、Medium Voltage Power Station を46基供給します。南米の発電会社であるColbun SAは、このプロジェクトにより再生可能エネルギー分野で事業を拡大する計画です。

「Diego de Almagro Sur太陽光発電プラントは、チリのエネルギー供給市場において重要な役割を果たすでしょう。そのため、SMAの信頼できる技術と確かな技能が、Colbun SAに採用されたことをとりわけうれしく思います。」と、SMA South AmericaのGeneral ManagerであるDaniel Rosendeは述べています。「メガワット領域の太陽光発電プロジェクト向けのSMAソリューションは、世界中で信頼性と性能が証明されており、アタカマ砂漠の過酷な状況に最適です。」

SMAは、Sunny Central4600セントラルインバーターのほか変圧器とスイッチギアを装備したMedium Voltage Power Station (MVPS) を1つのコンテナで、計46基、Diego de Almagro Sur太陽光発電プロジェクトに提供する予定です。コンテナは、運搬が容易で、設置も試運転も速やかに行えます。MVPSは、SMAのアクティブ有効温度管理システムであるOpticool®を備え、世界で最も乾燥した砂漠の過酷な状況に理想的で、高地でも十分な性能を保証します。

チリでは、使用電力の44%が、すでに再生可能エネルギーから供給されています。チリのエネルギー計画では、2030年までに再生可能エネルギー由来の燃料構成比率を70%まで、2050年までに95%まで向上させることを目標としています。

(*MV POWER STATION UP 及び SUNNY CENTRAL UPの日本向け仕様は4400Wとなります。)

This article was published in 2021. As we are constantly developing our solutions, there may be newer or additional options for the tips and techniques in this article.

0 コメント

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>