エントリー - Ikuha Fujiwara

SMA、2020年の豪州太陽光発電プラントへのパワーコンディショナ出荷実績1.6 GWを達成

2020年12月22日ニーステタール/シドニー : 昨今の動向としてサステナブルで安定したエネルギー供給を目指す大規模太陽光発電プロジェクトが増えています。再生可能エネルギーの貢献もあり、豪州において発電市場のシェアは増え続けています。2020年、SMAは発電量合計約1.6 GWの太陽光発電所にシステムソリューションを提供する一連の契約書を豪州にて交わしました。提供先の発電所は、クイーンズランド州、ビクトリア州、ニューサウスウェールズ州、サウス・オーストラリア州、ウエスタン・オーストラリア州、ノーザン・テリトリーにある15の大規模プロジェクトです。現時点で確定しているものと2020年末までに試運転調整が完了する総発電量6.5 GWの集中型パワーコンディショナを合わせると、SMAは豪州で約65%のシェアを占めます。

PV Hybrid System From SMA Lowers Electricity Costs in East Africa’s Largest Salt Factory

SMAの太陽光発電ハイブリッドシステム、東アフリカ最大の塩工場の電力コストを低減

SMA Solar Technology AG (SMA)とその子会社であるSMA Sunbelt Energy GmbHは、東アフリカの国ケニアのマリンディに設けられた、最大級の太陽光発電ハイブリッドシステムの試運転調整を行いました。SMA Fuel Save Controllerは、34台のSunny Tripowerパワーコンディショナを含む太陽光発電システムを、公共の電力系統やディーゼル発電機にスマートに統合します。これにより、このシステムは年間約1.6ギガワット時の電力を生産し、Krystalline Salt Ltd.の将来の電力コストを25%節約することを可能にします。

SMAのパワーコンディショナが太陽光発電農場であるCreacombe ソーラーファームに電力を供給

2020年6月2日、ミルトン・キーンズ発 ― 英国のFiT(Feed-i​n-Tariff: 固定価格買取制度)​終了以来、最初のコミュニティ地上設置型太陽光発電農場が2019年12月に完成し、現在約6カ月間クリーンな太陽光発電に成功しています。Creacombe ソーラーファームは、Yealm Community Energyによる2つ目のコミュニティプロジェクトです。デボン州にあり、5つの行政区にサービスを提供しています。Creacombe ソーラーファームの容量は7.3MWpで、SMAのパワーコンディショナで発電すると約2,500世帯分相当の電力を発電し、年間推定3,100トンのCO2を抑制することになります。