Paradise Energyの太陽光発電車庫プロジェクトでさらに節電

作成者: Trish Moratto (guest post), , 0 コメント

ペンシルベニア州ホーシャムに本社を置く高級車の倉庫代理店であるTurn 14 Distributionのチームが太陽光発電プロジェクトの導入を検討した際、Paradise Energyの専門家に問い合わせました。Paradise Energyは、中部大西洋地域全体の企業、農家、住宅所有者に、ターンキー方式のグリッドタイ太陽光発電設備を提供するフルサービスの太陽光発電施工企業です。

Horsham, Pennsylvania solar

ペンシルベニア州ホーシャムの太陽光発電所

Turn 14は、環境改善とコスト削減という2つの大きなメリットの実現に向けた太陽光発電車庫の建設に関心がありました。プロジェクトは2020年5月に完了し、合計サイズは996.8キロワット、推定1,125,000キロワット時です。なんと、本社の電力の102%を相殺し、他にも利点を多数提供します。

特に、明るくて現代的な美観とするために開放トラスデザインを選択しました。

「この車庫は、単なるパネルの設置場所というだけでなく実用的な機能を果たします。車庫が守る珍しい高級車にとって特に問題となる、雪、太陽、氷などの天候から車両を保護します」とParadise Energy SolutionsのプロジェクトマネージャーであるCharlie Allen氏は述べています。

Turn14車庫プロジェクトは、Jinko400太陽光パネル2,492枚とSMA America Sunny Tripower CORE1パワーコンディショナー14基を特長としています。ストリングの柔軟性、変換効率、日影の影響を抑える優れた機能を持つ、このパワーコンディショナーが選択されました。それぞれの特長で、建築プロセスがTurn 14の目標を満たす構造を作り出すことを保証しています。

このプロジェクトのプロセスはすべて記録されています。

  1. 紹介動画
  2. 第1回進捗報告
  3. 第2回進捗報告
  4. 最終報告
  5. プロジェクト完了

このプロセスが完了すると、Turn 14はペンシルベニア州最大の車庫の1つを持つだけでなく、そのブランドに適した車庫も持つことになります。

「我々の目標は、100%カーボンオフセットでした。本社ビルの屋上では形状のため、実現できませんでした。そのため、駐車場を組み込むことは戦略的な選択でした。また、当社が経営するビジネスの種類に適しているように感じました」とTurn 14のブランドエクイティのスペシャリストであるDave Dator氏は、述べています。

0 コメント

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>