ヒルトン・ホテル、エネルギー独立に向けアップグレード

作成者: Trish Moratto (guest post), , 0 コメント
Hilton Hotel Upgrades to Energy Independence

ニカラグアのマナグアにある高級ヴィラ・フォンタナ地区には、ヒルトン・ホテルの近代的なダブルツリーがあります。エレガントに装飾され、息をのむマナグア湖の景色が見える広々とした部屋で、ゲストは長い間ゆったりと過ごしてきました。新しい太陽光設備が、化石燃料に依存しない事業を支援していることもゲストは分かっています。

太陽光パネルの設置はホテルにとって意味があることです。パネルでエネルギーを節約できるだけでなく、ホテルの二酸化炭素排出量を減少できるのです。太陽光発電は、ホテルの屋根に1アレイ、カジノの屋根に1アレイ、駐車場に1アレイと、3つの領域に設置されました。

1,053枚の太陽光パネルを含むこのプロジェクトの設置にはTecnosolが採用され、それぞれ370Wpを生産するMono PERCパネルが選択されました。この製品は、Mono PERC Technologyを特徴としPEIMARによってイタリアで製造されています。太陽光パネルの設置にはテレハンドラーが使用され、SMA製品も太陽光発電設備の重要な部分となっています。

「信頼性があり部品が高品質ということからSMA製品を採用しました。サービスラインの機動性と有効性にも満足しています」とTecnosolの最高経営責任者(CEO)であるBladimir Delagneau Barquero氏は述べています。

Tecnosolは以下のSMA製品を使用して発電所を開発しました。

このパッケージは、累積的に389.61kWのDC電力、376kWのAC電力を生成します。この太陽光発電プロジェクトは、なんと年間548,200キロワット時を生み出し、年間を通して太陽光による電力をホテルに供給すると推定されています。

「ゲストの部屋は、湖や火山から島や山まで、ホテル周辺からインスパイアされた自然な色が特徴です。太陽からの電力を地域資源に取り入れることで、私たちの財産を活性化させることは理にかなっています」とホテルの代表であるMario Alfaro氏は述べています。

現在、ヒルトンのダブルツリーの土地には、マナグアのホテルで最大の太陽光発電所が設置され、環境に優しい優位性やエネルギー自立をホテルに与え、競争を超えて輝かせています。

ぜひ、フォトギャラリーをお楽しみください。

0 コメント

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>