SMAとソーラー・パシフィック・エナジー・コーポレーションは、パラオの西太平洋

SMAとソーラー・パシフィック・エナジー・コーポレーションは、パラオの西太平洋

地域で最大の太陽光発電と蓄電プロジェクトを建設中

SMAは、フィリピン本社の再生可能エネルギー会社Altenergyの子会社であるSolar Pacific Energy Corporation(SPEC)の協力のもと、太平洋の島国パラオにおいて大規模な太陽光発電と蓄電のプロジェクトを成功裏に運用開始しました。これは西太平洋地域におけるこの種の発電所で最大のものであり、この小さな国のエネルギー需要のほぼ1/4を賄うことになります。 開発者であるSPECは、パラオの公共ユーティリティプロバイダーであるPalau Public Utilities Corporation(PPUC)との長期の電力購入契約(PPA)を結んでいます。この合意の一環として、システムのバベルダオブ電力ネットワークへのシームレスな統合が構想されており、島国のエネルギー環境を変革することを目指しています。

プロジェクトに関する認識

AIFFPとオーストラリア外務貿易省が昨年6月に公開した事例研究によれば、これまで、パラオの電力の99%以上が自動車用ディーゼル燃料の燃焼によって発電されてきたと指摘されています。つまり、そのエネルギーセクターは温室効果ガス(GHG)排出量の96%に相当することを意味しています。この状況は、生物多様な国であるパラオの温室効果ガス排出量の約96%を占めるエネルギー生産という観点から非常に気が滅入るものでした。この2,900万ドルのプロジェクトは、持続可能な変化をもたらすために企画され、実施されました。 このプロジェクトは、15.28MWp(13.2MWac)の太陽光発電所と10.2MWac/12.9MWhのバッテリー蓄電システム(BESS)を組み合わせ、2023年7月30日に運用を開始しました。場所は、パラオ共和国の島々で最大の島であるバベルドアブ島のNgatpang州に位置しておりパラオで初の大規模太陽光発電所であります。国の公式な目標である2025年までに再生可能エネルギー源を利用した発電量を35%にし、2005年のレベルよりも22%低いエネルギーセクターの排出量を削減するという計画に重要な貢献をすることになります。これはまた、パラオがパリ協定で合意された世界的な気候目標に対する義務を果たすことを確実なものにするでしょう。先進的な電力変換技術であるドイツの技術は、プロジェクトの要件に最適なソリューションを選択する際に類を見ない柔軟性を発揮しました。

課題の克服

パラオ共和国のような特殊な場所でこのような規模のプロジェクトを実現できたということは大いなる成果と言えます。この地域は、ミクロネシア固有の森林と種の多様性、独自の生態系を持っており、困難な課題が指摘されました。特定のエンジニアリング規定と地元の要求事項を満たすために、国際標準と成功事例に精通した多くの学問領域を網羅したチームを編成する必要がありました。

生態系への影響を確保するために、プロジェクトの場所選定と設計段階では一致団結的な協力体制が発揮されました。この協業は、設計、事前建設、建設、運用後の段階まで、プロジェクト始動時から展開されました。これら目を見張る協力体制は、エネルギー生成、太陽光のプロファイリング、およびバッテリー蓄電能力などが新しいグリッド内で調和のとれた相乗効果を達成するのに役立ちました。

計画の徹底とドイツ技術による成功

このようなユニーク且つ困難なプロジェクトを成功させるために、広範な事前計画が必要でした。 SMAの先進的なドイツの技術は、この画期的な開発の重要な要素でもあり、3つのSC 4400 UP-US(太陽光インバーター)と3つのSCS 3800 UP-XT-US(バッテリーインバーター)が採用されました。この賞賛すべきプロジェクトは、年間23,000 MWhのエネルギーを発生し、パラオの年間の炭素排出量を10,244トン減少させることを実現しています。

西太平洋で新たな領域を開拓する

概して、SMAとSPECの協力は、西太平洋地域におけるこの種のプロジェクトの中で最大規模であるため、パラオのCO2排出を大幅に削減するだけでなく、その地域のエネルギー市場の持続可能な成長と変革に貢献することになりました。これらプロジェクトの実施において、SMAのインバーターの効果を浮き彫りにし、信頼性のある持続可能な電力ソリューションを提供する役割を浮き彫りにすることになりました。

 

 

0 コメント
返信を残す
Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>