世界で最も費用効果の高いエネルギー源:太陽光発電

太陽光発電のメガワット時あたり25米ドル未満。このような価格は、日照量の多い地域ではもう珍しくありません。対照的に、新しい石炭や原子力発電所の発電コストは、60米ドルから110米ドルです。太陽光発電は、コストが引き続き低下しているため、世界で最もコスト効率の高いエネルギー源となる正しい方向に向いています。したがって、従来の発電所に依拠し続けずに、新しい太陽光発電システムを構築することは、環境的・経済的に、とても理にかなっています。

国際的な専門家は、今後10年から15年間にわたって、太陽光発電が世界で最も費用対効果が高く、その結果最も重要な電力源となるという意見に同意しています。Bloomberg New Energy Finance (BNEF) は、6月に発表されたNew Energy Outlook 2019で、現在すでに新設されている太陽光・風力発電システムは、3分の2の国々に新設された従来の発電所よりも低コストで発電していると断言しました。10年後には、既存の石炭、ガス、原子力発電所の発電コストをほぼすべての地域で打ち破ることになります。国際再生可能エネルギー機関 (IRENA) は、この傾向を裏付ける新たな数字を最近公表しました。Future of Solar Photovoltaicの報告によれば、太陽光エネルギーの電力の均等化コスト(LCOE)は、さらなる技術開発と規模の経済のおかげで、2050年までに1キロワット時当たり0.014米ドルから0.05米ドルの間に低下するということです。

2050年までに太陽光産業で1,800万人を超える新規雇用が見込まれる可能性を示唆

SMA_Info

太陽光発電や、太陽光発電を1日24時間/週7日利用可能にする電池貯蔵システムの価格は引き続き下がっていますが、石炭や原子力発電所からの電力はその逆の傾向にあります。この相違は、従来の発電所の運転から生じる環境、健康、廃棄物処理に関連するコストを考慮すると、さらに大きくなります。これに関連して、IRENAによれば、世界中に設置されている太陽光発電能力は、2050年までに現在の約500ギガワットから8,500ギガワット以上に増加する可能性があり、太陽光発電が世界の電力需要の25%を占め、世界中の太陽光発電業界の労働人口は約140万人から1,800万人以上に増加する可能性があるということです。

世界中の政治家が明確な立場選択を

しかし、この成長を可能にし、太陽光発電の可能性を十分に活用するには、政治家の支援が必要です。さまざまな段階で障壁を克服するための、未来のエネルギーシステムに適した一般条件を政治家たちが作らなければなりません。これには、グリッド統合、資金調達、国際工業規格などの問題が含まれます。そのため、政治家にエネルギーシステムの構造を改革するための決定的な行動を求めているのは、IRENAの専門家だけではありません。再生可能エネルギーに関しては保守的傾向にある国際エネルギー機関も同様に求めています。

私は、今こそ、各国政府や超国家的組織がここで明確な立場をとり、特に自国の気候目標を達成するために、言葉を行動に移すべき時であると考えています。化石燃料発電や原子力発電に対する補助金を廃止し、公正な競争そして、費用対効果が高く気候に優しい安全な非集中型発電システムのために、規制枠組み条件を調整する必要があります。この見解は、環境要因によって裏付けられるだけでなく、経済的にも意味があります。

Here SMA CEO Jürgen Reinert writes about topics that move him.

Here SMA CEO Jürgen Reinert writes about topics that move him.

 

This article was published in 2020. As we are constantly developing our solutions, there may be newer or additional options for the tips and techniques in this article.

0 コメント
返信を残す
Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>