スーパーマーケットが再生可能エネルギーに切り替わる理由

This post was originally published in 2018. The tips and techniques explained may be outdated.

サステナビリティの話は、スーパーの冷蔵コーナーから始まります。といっても、私たちは有機ヨーグルトの話をしているわけではありません。冷蔵設備は、スーパーマーケットにおける総エネルギー需要の約60%を占め、次いで照明の約20%を占める上、さらに多くのリソースを消費しています。スーパーマーケット事業者は、現在、運転コストとエネルギーコスト、および温室効果ガス排出を最小限に抑えるためにどのような方策を講ずるべきでしょうか?

1. 効率的なエネルギー供給の確立

スーパーマーケット事業者が長期的にエネルギーコストを節約する最も簡単な方法は、冷蔵技術および照明を効率化することです。これらの技術は、エネルギーバランスを改善し、国内および国際的な気候目標とそれに伴う温室効果ガス排出量の削減の達成につながります。

方策:

  • 冷媒量の削減
  • 化学冷媒に代わる自然冷媒の使用
  • 冷凍ユニットとエアコンの統合
  • 省エネ型LED照明への切り替え
  • システム動作の最適化とモニタリング

スーパーマーケット事業者は、徹底したエネルギーモニタリングにより、使用中のエネルギー量を記録し、評価することができます。負荷ピークが顕在化し、欠点が明らかになることで、さらなる効率向上およびコスト最小化手段を迅速かつ容易に導出することができます。

 

supermarkets should do energy management

 

2. 太陽光発電を発電し、貯蔵する

スーパーマーケット事業者は、平均して年間売上高の1.6%をエネルギーに費やしています。屋上にPVシステムを設置し、蓄電池システムを備えることで、スーパーマーケット事業者は電気を自給することができます。インテリジェントエネルギーマネジメントにより、発電量と電力需要の均衡が自動的に保たれ、常に最大量の太陽光発電を使用することが可能になります。

現代のエネルギー産業では、スーパーマーケット事業者は、余剰なエネルギーを公益事業の送電網に利用可能にすることによって、送電網の安定を保つプロシューマー(生産消費者)にもなります。風力および太陽エネルギーは、常に同時に利用可能であるとは限らず、グリッド給電は状況に応じて変動します。そのため、ネットワーク・サービスはますます重要性を増し、魅力的な追加収益にもつながります。

冷蔵設備の膨大な未使用容量を利用することもできます。冷蔵設備のコンプレッサ容量は、最も暖かい日と最も寒い日を想定して設計されています。すべての食品安全基準が満たされていれば、スーパーマーケットは、気温のゆるやかな日に冷蔵設備の未使用容量を蓄熱として利用可能にすることができます。

 

利点:

  • ハンドル負荷ピーク
  • エネルギーコストの最小化
  • 自家消費率の最適化
  • 停電時のコールドチェーンや重要な消費者への供給継続
  • ユーティリティグリッドサービスの提供
  • エネルギー転換への貢献

 

3. 追加収入の創出

スーパーマーケット事業者は、ダイレクトマーケティングにより、関心のある買い手に太陽光発電を販売することができます。販売価格は、電力需要量に加え、電力取引所における価格が高い場合に上昇します。

ダイレクトマーケティングは、固定価格買取制度に取って代わることができます。PVシステム・オペレータは、グリッド・オペレータから固定フィード・イン料金を受け取り、グリッドに電力を供給します。グリッド・オペレータや送電グリッド・オペレータは、市場価格とPVシステム・オペレータに支払われた価格との差額を受け取ることができます。この差額分は、EEG (再生可能エネルギー源法)配分と同様、消費者によって賄われます。

 

利点:

  • 魅力的な追加収益の創出
  • 電力市場への積極的な参画
  • EEG配分を減らす
  • 余剰な熱や冷気を利用した局地的な電力供給

 

the supermarkt shows how intelligent energy management can become a win-win situation.

オールデンブルグのアクチベール&アイルマスーパーマーケットは、インテリジェントエネルギーマネジメントが、事業運営と気候の双方において、どのようにウィン・ウィンの状況を作り出しているかを示しています。SMAとDanfoss A/Sによる共同パイロットプロジェクトでは、Data Manager Mが、Danfossによりビル技術と冷蔵庫技術の管理システムを、あらゆるエネルギー消費機器や貯蔵・充電インフラを使用し、相互に結び付けます。

4. エコのイメージがもたらすメリット

消費者と従業員はますます多くのものを求めるようになってきています。消費者は、より自然に配慮した、地元の、公正に取引された製品を求めています。要求している。従業員はどんな会社でも良いというわけではありません。彼らは何か有意義なことを達成し、仕事での努力が報われることを望んでいます。

 

 利点:

  • 電気自動車の無料充電ステーションの提供(および魅力的な報酬制度による顧客の維持)
  • セールスポイントとしてのエコロジカルフットプリントの活用
  • 自社エントランスに自然エネルギー発電を設置することによるアピール
  • 持続可能な製品をお客様の範囲に含める

 

スーパーマーケット事業者は、持続可能なエネルギー効率政策により、グリーンエネルギーを顧客や従業員に身近にすることで、いくつもの利点を一度に得ることができます。エネルギーコストを最小限に抑え、ショッピングを楽しいものにし、より魅力的な雇用主となります。このように、スーパーマーケットはエネルギー転換の主要な柱の一つとなりうるのです。

2018年3月8日のConnecting Energyイベントにおいて、SMAは新エネルギー管理プラットフォーム ennexOS の概要やそのエネルギー貯蔵に関するビジネスソリューションについて紹介しましたが、非常に好評をいただいております。

詳しくはFrank.Reichenbach@coneva.comにお問い合わせください。

 

スーパーマーケットに付加価値を生み出す

ミュンヘンに本社を置くSMAソーラー技術AGの完全子会社であるconeva GmbHは、スーパーマーケットにエネルギーの監視、制御および管理に関するソリューションを提供しています。これは、IoTエネルギーマネジメントプラットフォームennexOSに基づくものです。

0 コメント

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>