Sustainable Power Supply for Caribbean Island St. Eustatius with the SMA Fuel Save Solution

カリブ海のシント・ユースタティウス島: SMA燃料削減ソリューションによる持続可能な電力供給

SMA Solar Technology AG (SMA)とその子会社であるSMA Sunbelt Energy GmbHは、オランダ領カリブ海の島St. Eustatius(シント・ユースタティウス)にある太陽光発電ハイブリッドシステムの試運転調整を行い、電力会社規模の太陽光発電、バッテリーストレージ、そしてディーゼル発電機のスマートな組み合わせによりこの島の全ての電力の供給に9ヶ月で成功しました。SMA Fuel Save Controller 2.0に19 MWpの太陽光発電と1MWのバッテリを統合することで、地元の電力会社は化石燃料の消費量を最大30%と大幅に削減することに成功し、年間80万リットルを超える軽油と2200トンのCO2を節約を実現しました。

Zurück am Netz: SMA Lösung sichert Solarerträge in Australien

電力系統への回帰:SMAソリューションはオーストラリアにおける発電量を確保

オーストラリアのWest Murrayでついに動き始めた太陽光発電は、再び最大電力で稼働しています。7カ月の間、5つの太陽光発電所に課せられた発電量の上限は、今や撤廃されています。これはすべて、太陽光発電所のすべてのパワーコンディショナに備わっている、革新的な制御ソフトウェアのおかげなのです。 このソフトウェアは、SMAのChristian HardtやDaniel Premmをはじめとするさまざまな専門家の尽力によって開発されました。

Paradise Energyの太陽光発電車庫プロジェクトでさらに節電

ペンシルベニア州ホーシャムに本社を置く高級車の倉庫代理店であるTurn 14 Distributionのチームが太陽光発電プロジェクトの導入を検討した際、Paradise Energyの専門家に問い合わせました。Paradise Energyは、中部大西洋地域全体の企業、農家、住宅所有者に、ターンキー方式のグリッドタイ太陽光発電設備を提供するフルサービスの太陽光発電施工企業です。

作成者: Trish Moratto (guest post), , 0 コメント
SMA Sunny Tripower CORE1パワーコンディショナ:リパワリングにも対応可

SMA Sunny Tripower CORE1パワーコンディショナ:リパワリングにも対応可

このシリーズの最初の設置では、MPP電圧に着目しました。本記事では、ストリングインバータに接続するストリング数を最大にし、パワーコンディショナを損傷から保護する方法を説明します。ストリングは、個々の最大電力追従制御 (MPPT) の端子数および最大短絡電流によって制限されます。

作成者: Thorsten Hoefer (guest post), , 0 コメント

マーロンブランドが恋した夢の島に立つ太陽光発電

「この島ではもう化石燃料を使わなくなりました。」これは、タイムズ誌20世紀最高の俳優に選出され、ハリウッドの伝説的人物:マーロンブランドの言葉です。南太平洋のテティアロア島にある高級プライベートリゾートは、ほぼ一日中太陽光発電から電力を供給されています。ここでは、贅沢な快適さと便利さを楽しみつつ、人と自然との共生を体験することができます。場合によっては、ご自分でもより持続可能な人生を送ろうと考えるきっかけになる方もいらっしゃるかもしれません。ハリウッドでも、こうはいかないでしょう。

作成者: Wiebke Krüger (guest post), , 0 コメント

ストレージの成功事例: 1GWのSMA蓄電池用 パワーコンディショナ

SMAは「必要とされるところにエネルギーを生み出す」というコンセプトのもと、2001年より世界中に蓄電池用パワーコンディショナを提供してきました。いまや当社の提供した蓄電池用パワーコンディショナは、1ギガワットというマイルストーンにまで達しました。その結果、SMAの蓄電池用パワーコンディショナは、すでに中型原子力発電所に取って代わるほどになっています。家庭用蓄電池システムからバッテリ発電プラントまで、主力となった製品やプロジェクトについて紹介します。

スーパーマーケットが再生可能エネルギーに切り替わる理由

サステナビリティの話は、スーパーの冷蔵コーナーから始まります。といっても、私たちは有機ヨーグルトの話をしているわけではありません。冷蔵設備は、スーパーマーケットにおける総エネルギー需要の約60%を占め、次いで照明の約20%を占める上、さらに多くのリソースを消費しています。スーパーマーケット事業者は、現在、運転コストとエネルギーコスト、および温室効果ガス排出を最小限に抑えるためにどのような方策を講ずるべきでしょうか?